FC2ブログ

横須賀ヤングビックナイン2017

第8期生 新入団選手募集中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

全国大会春夏出場決定!!

6月30日(土)に横浜旭BCグラウンドで選手権大会予選が行われました。勝てば全国大会出場をかけたゲームでしたが見事4-1で勝利し、春に続き夏の全国大会出場が決まりました。

横須賀 1020001 4
全戸塚 0100000 1

栗本ー鈴木大

先発オーダー
5 出口
8 渡邉
1 栗本
2 鈴木大
9 鈴木祐
4 田村
6 杉山
7 土屋
3 丸山

sennsyikenn7.jpg

先攻の横須賀ヤングビッグナイン。初回1番出口の安打、2番渡邉の2塁打でチャンスを作り3番栗本の安打で幸先良く先制しました。先発は3年栗本優誠は立ち上がりは危なげない投球。
sennsyukenn6.jpg

しかし2回に2死から高めに浮いた球を3塁打打たれ追いつかれはしたものの、緩急をつけたカーブを使い相手打線の後続を抑えた。
追いつかれた3回。4番鈴木大輔の内野安打、5番鈴木祐太郎の四球でチャンスを作ると、6番3年田村優の勝ち越しタイムリー3塁打を放ち、2点。相手に行きかけた流れを田村の一打で流れを戻した。
この日の栗本ー鈴木大バッテリーは上手く変化球を使い、ストレートで勝負。4回の3者連続三振は圧巻だった。
sennsykenn3.jpg
(4番で大活躍。主将鈴木大輔選手)
sennsyukenn9.jpg
(全試合スタメン起用された1年生ルーキー土屋亮典選手)

最終回も3人でしっかり締めてゲームセット。岡山市津山市で行われる、夏の選手権全国大会出場を決めた。
春の全国に続いて夏の全国。3年生中心に春から「夏の全国大会ベスト4」を目標にやってきたビッグナイン。
ひとまず、全国大会の切符は手にした。さてこれから全国ベスト4に向けて調整。
sennsyukenn4.jpg

7月21日から開催される全国大会。1回戦は組み合わせの結果、東関東支部代表明友硬式野球倶楽部さん。
時間を有効に使い、目標に向かって邁進するのみ。

決勝戦横浜ヤング侍戦

同日に選手権大会予選西関東支部夏季大会決勝戦も行われました。大会に都合上、先に勝ち合っていた横浜ヤング侍さんとの決勝戦です。横須賀は変則の2試合目でしたが動じることなく、試合を進めていきました。

横須賀 2000100 3
横浜侍 004103× 8

佐藤、稲垣、佐藤、遠藤、栗本ー鈴木大

sennsyukenn5.jpg
(左から4番鈴木大。2番渡邉。1番出口。3番栗本の4連打)

先攻の横須賀は1回先頭打者の2年出口将輝選手がセンター前安打で出塁すると、2番渡邉レフト前、3番栗本センター前、4番鈴木大がレフト前の4連打で簡単に1点を先制。続き打者で押し出しの四球もあり2点を先制した。
先発は公式戦初先発の2年生佐藤諒選手。初登板ながら期待以上の投球をし、2回まで完璧な投球。
sennsyukenn.jpg
(決勝戦、素晴らしい投球をした2年生佐藤諒選手)

3回0死1・2塁のところで1年生左腕稲垣匠選手が登板。しかし横浜ヤング侍打線の勢いをとめられず、逆転されてしまう。4回から佐藤が再登板。ランナーは出すものの、要所を締め、試合を作ってくれた。

打線もチーム総力戦となり、公式戦初出場、2年生中嶋悠太選手のタイムリー2塁打も飛び出し侍に食い下がらず戦った。中嶋選手のセカンドベース上の笑顔でのガッツポーズは印象的だった。
2年佐藤、中嶋は試合経験も少ない中、昨年まではしっかりとチームの裏方に徹し、合間をぬって自分の練習と努力家の2人。地道に努力してきた2人に結果が出たのは『野球の神様』のご褒美だろうか?
このような選手に決勝で結果が出たことだけでとても意義がある。
sennsyukenn 8

試合には負けてしまったが、収穫のある大会であった。何より目標である全国ベスト4に向かってまだ前に走れるのだから。
スポンサーサイト
  1. 2013/07/03(水) 18:48:45|
  2. 大会情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bignine9.blog.fc2.com/tb.php/84-080c4c63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。